高知県の沖の島ダイビングで見れる生き物達             『ヨシキの人生日記』もよかったら覗いて下さい→http://ameblo.jp/okinosiman/


by okinoshima-diving

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タカノハダイ

e0214220_2318298.jpg



学名   Goniistius zonatus
和名   タカノハダイ
体長   約40cm
撮影地  宮の下(沖ノ島)


沖ノ島のどこのポイントでも見れるほどの普通種です。
地元では「ヒダリマキ」と呼んでいます。
図鑑では「肉は臭いが強くマズイ」と書かれていますが、
焼き切れにしてお刺身で頂くと実は絶品なんですよ。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-11-08 23:22 | タカノハダイ科

ホソカマス

e0214220_238917.jpg



学名   Sphyraena novaehollandiae
和名   ホソカマス
体長   約40cm
撮影地  大小島(沖ノ島)


沖ノ島の大体どのポイントでも見れるほどの普通種です。
水深も10m前後の浅場で観察することができます。
群れでゆっくり泳いでいます。
時には何百匹という物凄い大群で現れます。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-11-08 23:12 | カマス科

ルリハタ

e0214220_2252411.jpg



学名   Aulacocephalus temmincki
和名   ルリハタ
体長   約23cm
撮影地  赤碕2番(沖ノ島)


やや深場の岩礁域に生息しています。
個体数は少ないですが、
沖ノ島・鵜来島の両島で毎年見ることができます。
秋口から見やすい水深まで上がってきます。
水中でもこの青色と黄色の体色が鮮やかに目立っています。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-11-08 22:55 | ハタ科

ミギマキ

e0214220_23122169.jpg



学名   Goniistius zebra
和名   ミギマキ
体長   約30cm
撮影地  赤崎1番(沖ノ島)


沖ノ島海域のどこのポイントでも見れるほどの普通種です。
写真のようによく岩の上で休んでいる?姿が確認されます。
ちなみにこれによく似た魚でタカノハダイがいますが、
地元ではそれをヒダリマキと呼んでいます。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-11-04 23:19 | タカノハダイ科

ソメワケヤッコ

e0214220_2341836.jpg



学名   Centropyge bicolor
和名   ソメワケヤッコ
体長   約6cm
撮影地  親指(鵜来島)


沖ノ島、鵜来島海域には個体数の少ない珍しいお魚です。
一応毎年どこらかのポイントで確認はとれています。
アクアリストにもとても人気のある魚のようです。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-11-04 23:08 | キンチャクダイ科