高知県の沖の島ダイビングで見れる生き物達             『ヨシキの人生日記』もよかったら覗いて下さい→http://ameblo.jp/okinosiman/


by okinoshima-diving

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ゴンズイ

e0214220_2137228.jpg



学名   Plotosus japonicus
和名   ゴンズイ
体長   約6cm
撮影地  鳥の首(沖ノ島)


普通種です。
幼魚の頃は、写真のように群れでよく見かけます。
通称『ゴンズイ玉』。
背ビレと胸ビレの第一棘条には毒がありますので、絶対に触れないように!!
ちなみに、この毒は死んでも失われないようです。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-07-29 21:45 | ゴンズイ科

オオモンハタ

e0214220_21333493.jpg



学名   Epinephelus areolatus
和名   オオモンハタ
体長   約60cm
撮影地  二並島(沖ノ島)



地元では通称『イギス』と呼ばれています。
食べるととっても美味な高級魚です。
沖ノ島では普通種でどこでも見れます。
昔に比べると個体数は減少してきているようです。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-07-29 21:37 | ハタ科

アカシュモクザメ

e0214220_21191274.jpg



学名   Sphyrna lewini
和名   アカシュモクザメ
体長   約1、5m
撮影地  米バエ(鵜来島)


ダイバーの間では『ハンマーヘッドシャーク』の名で有名です。
沖ノ島海域に多いサメの一種です。
特に姫島周辺で多く見られます。
多い時には数百匹もの群れで見る事ができます。
他海域で見られているアカシュモクザメに比べると、
沖ノ島のモノはサイズはやや小さめのようです。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-07-29 21:24 | シュモクザメ科

セナキルリスズメダイ

e0214220_2342198.jpg



学名   Chrysiptera starcki
和名   セナキルリスズメダイ
体長   約6cm
撮影地  赤崎1番(沖ノ島)


沖ノ島では普通種です。
浅場~深場まで色々な所で確認することができます。
青と黄色のコントラストが非常に美しいお魚です。
近寄り過ぎると岩の奥に隠れてしまいますので、そ~っと。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-07-04 23:45 | スズメダイ科