高知県の沖の島ダイビングで見れる生き物達             『ヨシキの人生日記』もよかったら覗いて下さい→http://ameblo.jp/okinosiman/


by okinoshima-diving

カテゴリ:カエルアンコウ科( 3 )

イロカエルアンコウ

e0214220_020162.jpg



学名   Antennarius pictus
和名   イロカエルアンコウ
体長   5㎝
撮影地  外頭(沖ノ島)


浅海の岩礁域・サンゴ礁域に生息しています。
第1背鰭棘にはエスカ(疑似餌)が付いています。
体色も豊富で私たちダイバーからも大人気の魚です。
以前はイロイザリウオでしたが、
2007年の差別的標準和名の改名最終勧告でイロカエルアンコウに改名されました。
[PR]
by okinoshima-diving | 2010-10-22 00:24 | カエルアンコウ科

オオモンカエルアンコウ

e0214220_094045.jpg



学名   Antennarius commersoni
和名   オオモンカエルアンコウ
体長   20㎝
撮影地  外頭(沖ノ島)


カエルアンコウ科の中でも本種が一番大きく成長するようです。
時には岩???と思うほどにまで成長します。
体色も豊富です。
沖ノ島に限らず周辺の島々でも見る事ができます。
[PR]
by okinoshima-diving | 2010-10-22 00:16 | カエルアンコウ科

カエルアンコウモドキ

e0214220_19105253.jpg



学名   Antennatus tuberosus
和名   カエルアンコウモドキ
体長   2㎝
撮影地  鳥の首(沖ノ島)


鼻先にある竿状の棘先にエスカが付いていないのが特徴です。
カエルアンコウ属はエスカを疑似餌として
補食をしておりますが、このカエルアンコウモドキ属は疑似餌なしで補食を
してる生物です。
転石の下やサンゴなどのすきまの奥などで見られます。
個人的には見つけるとかなりテンションが上がる好きな魚でもあります。
[PR]
by okinoshima-diving | 2010-10-21 19:20 | カエルアンコウ科