高知県の沖の島ダイビングで見れる生き物達             『ヨシキの人生日記』もよかったら覗いて下さい→http://ameblo.jp/okinosiman/


by okinoshima-diving

カテゴリ:フサカサゴ科( 2 )

ハダカハオコゼ

e0214220_1322973.jpg



学名   Tanianotus triacanthus
和名   ハダカハオコゼ
体長   10㎝
撮影地  鳥の首


サンゴ礁の外側の水深10~20mのサンゴか岩の上に生息しています。
ペラペラして紙のように薄い魚です。
体色は豊富で黄色、茶色なども居てます。
目がキラキラしてダイヤモンドのように輝いています。
[PR]
by okinoshima-diving | 2010-10-22 13:18 | フサカサゴ科

ボロカサゴ

e0214220_1571465.jpg



学名   Rhinopias frondosa
和名   ボロカサゴ
体長   20㎝
撮影地  親指(鵜来島)


年に一度出会えるかどうかの大変珍しい魚です。
表皮が定期的にはがれ落ちる「脱皮現象」を行う魚として知られています。
体はボロボロな感じの海藻が生えたような姿で、まわりの景色にとけ込みやすく擬態上手です。
2010年の今年はペアで出現してくれました。
[PR]
by okinoshima-diving | 2010-10-21 01:59 | フサカサゴ科