高知県の沖の島ダイビングで見れる生き物達             『ヨシキの人生日記』もよかったら覗いて下さい→http://ameblo.jp/okinosiman/


by okinoshima-diving

カテゴリ:ハタ科( 13 )

スジハナダイ

e0214220_15581453.jpg



学名   Pseudanthias fasciatus
和名   スジハナダイ
体長   約10cm
撮影地  赤崎3番


岩礁域やサンゴ礁域の水深がやや深い所に生息しています。
沖ノ島海域では水深25m以深で見る事ができます。
体側に白い縁取りのある赤色縦帯が一本あるのが特徴です。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-08-29 16:02 | ハタ科

オオモンハタ

e0214220_21333493.jpg



学名   Epinephelus areolatus
和名   オオモンハタ
体長   約60cm
撮影地  二並島(沖ノ島)



地元では通称『イギス』と呼ばれています。
食べるととっても美味な高級魚です。
沖ノ島では普通種でどこでも見れます。
昔に比べると個体数は減少してきているようです。
[PR]
by okinoshima-diving | 2011-07-29 21:37 | ハタ科

アゴハタ

e0214220_13231287.jpg



学名   Pogonoperca punctata
和名   アゴハタ
体長   15㎝
撮影地  岬のハナ(沖ノ島)


写真は幼魚です。
成魚はまだ見た事がありません。
沖ノ島海域では少ない種の魚です。
年に2~3度見かける程度です。
調べていて分かった事ですが、体表の粘液中に毒を持っているらしく、
これを用いて他の生物を殺して補食しているらしいです。
[PR]
by okinoshima-diving | 2010-10-22 13:27 | ハタ科